独立しやすい業種のひとつ

エステ店で一定の経験や実績を積んだ場合において、お店をやめて独立や開業をする女性の方が近年増加しています。
主に独立や開業をするために必要な道具として、業務用化粧品やベッドやドレッサーなどといったものがあります。

開業費の相場

これらを一式揃えるだけでも数十万円ほど費用がかかるため、独立する前にある程度お金を貯めておく必要があります。
また美白やリフトアップなどのアンチエイジングコースも導入する場合には、さらに追加費用として数十万円ほどかかります。

エステ店を開業する場合においてマンションで経営をする場合においては、礼金や敷金などの費用がかかる仕組みになっています。
一般的に賃貸料の数ヶ月から4ヶ月分あれば十分であり、部屋の間取りについては広すぎないようにすることがポイントです。

またマンションで経営をする場合においては、カーテンや家具などを業務用に用意することが大切です。
しかし近辺にショッピングモールなどがあれば、集客についても比較的行いやすくなるのがポイントでもあります。

→ 筋膜の癒着を解消する筋膜リリースはコチラ

個人で開業する場合

個人でエステを開業する場合において最も重要な要素として、口コミで宣伝をしてもらうということになります。
これには美容雑誌やインターネットで宣伝をする方法があり、掲載するためにはそれぞれ費用がかかります。

美容雑誌などに情報を掲載してもらうためには、1回につき数万円ほどの経費がかかることが多いです。
またインターネットで宣伝をするにはホームページが不可欠なので、製作費も5万円から10万円ほどかかることが多いです。